読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららの楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい

お料理を楽しんだり、グルメを楽しんだりするブログです。

矢場とん*名古屋駅名鉄店にて

以前、渋谷で変なスペイン人学生と一瞬で仲良くなって、おしゃべりをした話を書きましたが、袖振り合うも多少の縁(そでふりあうもたしょうのえん)ということで、愛知滞在中に旅先で仲良くなった20代の男の子と「矢場とん」でご飯を食べちゃいました。とても、素直な好青年で、結局、私の女友達を紹介することにしたのですが、それはまた別の話として、矢場とん!

 

f:id:koenjilala:20151112193442j:plain

メニューにもしっかり載っているこのぶたさんのキャラクター。

何か名前があるのかしら?

なんと、天井にもどーんと鎮座なさっています。

う、見られてるってかんじで、ちょっと、こわい。

f:id:koenjilala:20151112193654j:plain

 

f:id:koenjilala:20151112193811j:plain

 

 まずは、特製土手煮。とろっとろの豚肉に甘辛い味噌だれの味がとても、染み込んでいて、口に入れると、ホロホロっと崩れるようなくちどけのおいしい一品でした。

 

次に、味噌カツ

f:id:koenjilala:20151112194141j:plain

 どーん。

て、本当に小柄な女の子の靴、一足分くらいのカツが出てきて

思わず「わーー。大きい!!」と声にだして言ってしまったくらいでした。

全部味噌カツだと飽きるだろうからということなんでしょうね。

手前の半分がソースカツになっているバージョンを私は頼みました。

 

矢場とんのとんかつは衣が薄くて、お肉がやわらかくて、

さらにお肉の味がしっかりするんですね。

そこに、麹(こうじ)の甘みがしっかり効いた味噌だれがかけてあるから

とってもおいしいの。

 

ちなみに旅先で知り合った青年は鉄板にとんかつを乗せたものに

ジュワ~っと味噌だれをかけていただくバージョンを注文しました。

f:id:koenjilala:20151112194833j:plain

 青年も、私も「ジュワ~」の時の湯気を写真に収めようと必死(笑)

伝わるかな?このジュワジュワ感。

 

お互いの料理の写真を撮り合って、しばし談笑したのち、じゃー、東京で女の子を紹介してあげるから、またあそぼーねーと、メアドや電話番号を交換して、次の食事会の算段はまるっと、青年に丸投げしたワタクシなのでした(笑)一瞬で、人と仲良くなれるのは、あなたの特技だと、よく言われます。