読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららの楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい

お料理を楽しんだり、グルメを楽しんだりするブログです。

コーヒー焙煎*欠点豆*発酵豆

f:id:koenjilala:20150927095148j:plain

 

発酵豆といってもにおいを放つほどひどく腐った豆ではありません。

この、生の珈琲豆「生豆(きまめ)」に混ざっている

若干オレンジ色の豆が発酵豆といって、発酵してしまっている豆です。

 

他の健康な豆と比べて

ちょっとオレンジというか茶色っぽいのがお分かりでしょうか?

この発酵豆は、焙煎した(焦がした)あとには

全く他の健康な豆と見分けがつかなくなってしまう、

やっかいな豆です。

 

焙煎後のハンドピック(手選り選別)では取り除くことができないので

生豆のうちに丁寧なハンドピックで取り除いておくことが大切です。

発酵豆は、えぐみやざつみの大きな原因になり

珈琲豆の品質をひどく落とすので、それを防ぐためにも、

焙煎前のハンドピックを丁寧にやっておく必要があります。

さてさて、みなさんどれが「発酵豆」かお分かりになったでしょうか?

答えはこちらです!

 

f:id:koenjilala:20150927095201j:plain

 

1枚目の写真をもう一度みなおすと、

あきらかに色が違うことがお分かりになるとおもいます。

たくさんの豆の中から、

こういった欠点豆を丁寧に取り除くのは本当に肩のこる、

手間のかかる作業です。

ですが、これをやっていない珈琲豆はおいしくないし、

飲んだら気持ち悪くなるし、私の場合はお腹をこわすことも…

だから、自宅で生豆をハンドピックしてから焙煎しています。 

 

コーヒーを飲むとお腹をこわすとおっしゃる方は

あまり品質の良いコーヒーをお飲みでないのかもしれません。

コーヒーの質はお値段と比例しているわけではありませんから

高いコーヒーを買っても、品質がよくなかったりするので、

良いコーヒーは、自分の舌で選ぶしかないのが実情なのです。

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ