読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららの楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい

お料理を楽しんだり、グルメを楽しんだりするブログです。

私の秘密の部屋と趣味の珈琲焙煎

 実は、むかし、狭い自宅の一画を占拠して、珈琲スペースを作ってました。

 

 それでなくても狭い部屋をもっと狭くして、忙しい時間を工面してまで、こだわる必要があったのかと今となっては謎ですが、まあ疲れていたというか、ストレス発散のために、集中することがほしかったんでしょうね(笑)趣味珈琲焙煎に凝っていたわけです。

 

f:id:koenjilala:20150902123808j:plain

 

 1番上の棚は生豆ですが、 袋に入っているのが仕入れたばかりのケニアとキューバで、まだハンドピックされてない状態で1袋に1kg入っています。

 

 銀色のボウルに入っているのはハンドピックの済んだインドです。コーヒー豆は 生豆の状態だと長持ちするので、 焙煎豆がなくなりそうな1日前くらいに焙煎します。2段目の棚には焙煎後の豆が並んでいます。

 

 一番右が深入りにしたインド、その隣が中深煎りのメキシコ。その隣はテイスティングのためにちょこっとだけ出してあるタンザニア 。一番右の器に入っているのがインドなのですが、 いつもは深煎りで焙煎するのですが、今回は実験的に中深煎りに焙煎してみました。

 

 自家焙煎店によっては、 煎り加減までお客さんの注文に応じるところもあるようですが、 私としてはインドはやっぱり深煎りがいいなぁと思っているので、 いつも深煎りで焙煎しています。

 

 一番下の段は、有名な自家焙煎店からお取り寄せした豆です。 テイスティングするために 常に2~3店舗から4~5種類の豆を取り寄せていた時期もありました 興味深いのは、同じ中深煎りでも店によって全く煎り加減が違うこと…

 

 私もこんなかんじで、一つの豆を4種類の焙煎度合いに焙煎して、楽しんでいます。

 

f:id:koenjilala:20150902123807j:plain

 自宅で焙煎したコーヒ豆です。

左から、浅煎り、中煎り、中部煎り、深煎りです。

 

 浅煎りでも、私の浅煎りより濃い色のお店もあります。そのお店、お店のカラーが出ていておもしろいです。ついでに、ネットで珈琲豆を販売している自家焙煎店が どんなパッケージで送ってくるのかにも興味があって 全国の珈琲店からお取り寄せして研究したりもしていました。今は、ちょっと経済的にそこまでできないので、自分が飲むぶんを飲むりょうだけ、焙煎していますが。

 

お取り寄せしてみて思ったことは、わりと、どこのお店も簡素な包装で、 「パッケージよりも豆作りに力を入れているのね~」 と勝手に想像して楽しんでいました。

★ ↓  ↓  ↓ 執筆の励みになるので、応援クリックをおねがいします。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ