ららの楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい

お料理を楽しんだり、グルメを楽しんだりするブログです。

【沖縄】「歩」のさっくりもちもちサーターアンダギー

f:id:koenjilala:20150612201258j:plain

 私が生まれて初めてブログを書いたのは15年くらい前だったと思います。当時はブログでコメントのやりとりをしているうちに仲良くなって、お互いに本名、住所、電話番号などを明かして宅配便でプレゼントを贈りあう、なんていうのんきな時代でした。当時、私は自宅で珈琲を焙煎することを趣味としていたので、沖縄のブログ仲間に私が焙煎した珈琲豆をプレゼントしたところ、とても、おいしいサーターアンダギーをいただきました。その時の写真が残っていたので、記念に記事にしてみます。

 と思って色々と調べていると、このサーターアンダギーは「歩」という沖縄ではとても有名なお店の商品だと知りました。しかも、この「歩」のサーターアンダギーは「幻のサーターアンダギー」と呼ばれるほど入手困難という情報もネットに散見されて、沖縄在住の人にしかできない最高の贈り物だと、感謝の気持ちでいっぱいになったのでした。

サーターアンダギーとは

 ご存知の方も多いと思いますが、「サーターアンダギー」は沖縄特産のまんまるなドーナツのようなお菓子です。 沖縄の方言で「サーター」は砂糖、 「アンダーギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で 「油で揚げた」つまり揚げ物を意味するそうです。 「砂糖天ぷら」「サーターアンラギー」と呼ばれることもあるそうです。

サーターアンダギーの種類

 沖縄出身のリアル友人に聞いた話では、彼女のおうちの場合、サーターアンダーギーは外で買うほどのものではなく、家でお母さんがささっと作ってくれるような手軽な家庭料理だそうです。味や食感も、各々の家で受け継がれたレシピがあったりして、それぞれの家庭で違うおいしさがようです。自宅で手軽に作れるちょっとしたおやつで、みそ汁の味がそれぞれの家庭で違うようにサーターアンダギーのレシピも、それぞれの家庭でオリジナルのレシピがあるそうです。

 沖縄には、サーターアンダギーの専門店もあり、昔ながらの味にこだわる店や、自店オリジナルのレシピを持つ店、新しい味を追求している店など、様々だそうです。ごま、きなこ、かぼちゃ、紅芋、ウコン、コーヒー、モロヘイヤ等を練り込んで、配合や甘みを調節し、色んな種類のサーターアンダギーを販売するお店もあるそうです。

 また沖縄では、てんぷら屋やスーパーなどでも販売される非常にポピュラーなお菓子のようです。

サーターアンダギーの歴史

 台湾には「開口球」、中国には「開口笑」と呼ばれるサーターアンダギーによく似たお菓子が存在するそうで、文献などには残っていないらしいのですが、琉球国時代に中国から伝わってきたものではないかと言われているそうです。ただ、「開口笑」は直径5cm程度と、サーターアンダギーよりもサイズが小さめで、表面に白ごまがまぶしてあるので、似ているかどうかは微妙かな?とも思いますが、形はたしかにそっくりです。

 昔は、砂糖が非常に貴重で、アンダギーと言えば、砂糖が入っていない「白アンダギー」のことを指していたそうです。ですから、砂糖を使うサーターアンダギーは贅沢品とされ、お祝いの席などでしか食べられなかったそうです。逆に、お祝いの席には欠かせない一品だったそう。
 現在は、沖縄で家庭で一番よく作られる揚げ菓子として、おやつや、お茶うけとして親しまれているようです。 

歩のサーターアンダギー

 さて、ようやく私がいただいた「歩」のサーターアンダギーについてのお話です。

 私はあまり旅行好きではないので知らなかったのですが、手作りサーターアンダギー専門店の「歩」は、沖縄では有名らしい牧志公設市場(那覇)という市場の二階にあるそうです。市場の片隅にある小さなお店なのに、商品はサーターアンダギー一品だけという強気なスタイル。それにも関わらず、10分から1時間程度で売り切れになってしまうこともあるそうで、「幻のサーターアンダギー」とも呼ばれているそうです。

 

f:id:koenjilala:20150612201410j:plain

  いただいたのはこの商品。 ホットケーキとクッキーを足して2で割ったような食感なのですが、 ほどよい甘さで外はサクサク、中はしっとり、もっちりで、 しかも、なんだか香ばしいなぁと思って裏の表示を見たら ピーナツバターが入っているバージョンでした!!もぉ、そのおいしさと素朴さにすっかり魅入られてしまいました。 正直、こんなにおいしとは思っていませんでした。 ので、買って食べたことがありませんでした…沖縄県民のみなさんごめんなさい…・°・(ノД`)・°・ 

 「歩」のサーターアンダギーは、揚げたてだと外はカリッとサクサクで中はふっくらなのだそう。私の場合は、郵送で送っていただいたので、当然、揚げてからしばらく経ってから食べたわけですが、時間が経つと生地がなじんで中のもっちり感・しっとり感が増すそうで、それはそれで美味しいとのこと。実際には、時間が経っているいるにも関わらず、外側もサクサクでとてもおいしかったです!

 「歩」販売しているサーターアンダギーの原料は、小麦粉、砂糖、ミルク、卵黄、ピーナッツバターなど。昔ながらのサーターアンダギーレシピは、卵黄だけを使うのが特徴だそう。そうすると、パサパサ感がなく、しっとりした食感になるそうです。シンプルだからそこ、繊細な配合と手際のよい調理が必要なのだろうなぁと想像できます。素朴ながらも奥が深い沖縄の伝統菓子のおいしさに脱帽です。

 
店名:サーターアンダギー 歩
住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1 牧志公設市場 2F
電話:098-863-1171
定休日:日曜日
営業時間:10:00~売切れ次第終了
価格:五個入り450円

【武蔵浦和】アプラノス(PATISSERIE APLANOS)*多数の受賞歴を持つおいしいケーキ屋さん

 先日、行きつけのケーキ屋さんアプラノスさんにケーキを買いにいったところ、10人待ちくらいの大騒動で、どうしたんだろうと思ったところ、壁にテレビ取材があったため混雑していて申し訳ございませんという趣旨の張り紙がありました。浦和の有名店・アカシエさんも、テレビで取材されたらしく、お店の外にまで行列ができていてビックリでした。

 取り上げられたテレビ番組は「マツコの知らない世界」の「埼玉スイーツ特集」だったようです。アプラノス、アカシエの両方ともが、この番組で紹介された模様。

 少し話がそれましたが、アプラノスは朝田晋平(あさだしんぺい)さんという方がオーナーシェフで、この方、新高輪プリンスホテル、パークハイアット東京、浦和ロイヤルパインズホテルなど有名ホテルに在籍中に数々の賞を受賞されている方なんです。

 2001年に、お菓子作りの世界大会である、「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」日本代表として出場し、世界第二位を獲得。2004年には「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ(WPTC)」日本代表として出場し、世界第4位という成績をおさめています。

 ちなみに「アプラノス」という店名は、ギリシャ語で「真直ぐ前進する、邁進する」といったような意味だそうです。

 

f:id:koenjilala:20160306213554j:plain

 

f:id:koenjilala:20160306213703j:plain





壁一面に、トロフィーや賞状やメダルが飾ってあって、圧巻です。  

f:id:koenjilala:20160306213827j:plain


テレビの影響でお客さんが多かったようで、売り切れケーキが続出。ショーケースはこんな感じでガラガラのスカスカ。高級すぎず、庶民派すぎないデザインが伝わるでしょうか。

f:id:koenjilala:20160306214120j:plain


私が買ったのは、ガトーオペラやモンブランのような定番のケーキですが、定番ケーキこそ、そのお店の個性が出るのであなどれません。

f:id:koenjilala:20160306214257j:plain

 アプラノスで、一番のおすすめのケーキはガトーオペラ。5~6年前にここのガトーオペラにはまって以来、ほかのガトーオペラでは物足りなくなってしまいました。フランスの伝統菓子である「オペラ」をアプラノス風にアレンジしたものです。

 アプラノスの「オペラ」の特徴はヘーゼルナッツのクリームが入っていることです。甘すぎないミルクチョコと香ばしいヘーゼルナッツのバタークリーム、そしてしっとりとした固めのビスキュイがが何層にも重なっています。さらに、もう一つの特徴はビスキュイがシロップで湿っていないこと。もしかしたら、薄くシロップを塗っているのかもしれませんが、一般的なオペラのようにしっかりとしみこませていないのかもしれません。あの、シロップのべちゃっとしたした感じが苦手という人には最適です。伝統的なコーヒーシロップのオペラとは違いますが、オリジナリティのあるおいしさがあるので、一度は試していただきたいケーキです。

 テレビで取り上げられたケーキは「ポム」。福島の佐藤リンゴ園のリンゴを使用した、1日に50個くらいしか作れない手間暇のかかった焼き菓子。外側はパートフィロという紙のように薄いサクサクのパイ生地で、中はしっとりのアーモンド生地。さらに中央部分には角切りにしたリンゴのコンポートがゴロっと入っています。リンゴのおいしい季節にしか作られないという、季節限定メニューです。

 そして、もう一種類マツコさんが選んだケーキは、「美園いちごのタルト」です。毎朝、地元の美園いちごランドさんから届けられる摘みたてイチゴを使っているのだそう。この美園いちごランドでしか作っていない特別な品種の「レイベリー」を使った特別ないちごタルトです。

 こちらもいちごがおいしい季節の季節限定メニューだそうです。 最後にクレームブリュレフレーズが紹介されました。こちらは新メニューだそうで、注文してからキャラメリゼ(表面に砂糖をまぶして焦がす)してくれるクレームブリュレ。

 クレームブリュレの中にもいちごが入っていて、いちごソースもついている模様。この新作、ぜひ、試してみたいものです。 

お店情報

Patisserie APLANOS - パティスリーアプラノス
〒336-0027埼玉県さいたま市南区沼影 1-1-20 フィオレッタ武蔵野103
営業時間:AM 10:00~PM 7:00
定休日:毎週火曜日

■ブログランキング
埼玉食べ歩きブログ
さいたま(市)情報ブログ
スイーツ食べ歩きブログ

 

スプラウト栽培が、専用の種でないとダメな理由

カイワレ大根完成品

我が家では、節約のためにカイワレ大根やブロッコリースプラウトは 自宅のキッチンで育てています。 私がスプラウト栽培を始めるきっかけとなったテレビ番組で 「スプラウト用の種を使ってください。」と言っていたので、そのとおりにして 失敗なく育てることができているのですが どうして「スプラウト用の種」でないとダメなのか、その理由は良く知りませんでした。

ブロッコリー株

×こういう種ではなく

 

ブロッコリーS     

○スプラウト用と書いてる種

 

特に深く考えていなかったマヌケなワタクシに、 親切な方が、その理由を教えてくださいました。 ためになる情報なので皆さんにもご紹介したいと思い、この記事をUPしました。

 

fine布ライン茶

カイワレとか、スプラウト栽培にはそれ専用の種を使うのがいいということ。それは農薬が関係してるのです。モヤシ状態の芽を食べるスプラウトと言われるものは農薬が使われていません。あっても少しだけ。大きく成長した野菜を食べるタイプの種は農薬が使われていて、それを芽の状態で食べるとなると、残留農薬が多いんです。農薬を食べることになります。大きくなるまでには農薬成分が消えるのです。 ですから、スプラウト栽培にはそれ専用の種を使うことが大事です。

 

ハンドルネーム:マキさんが教えてくれましたφ(.. )

fine布ライン茶

 

いや~、本当に「農作物や発酵食品を作るということは奥が深い!」 と思わせてくれた情報でした。 マキさん、ありがとうございましたm(_ _ )m

 

【関連記事】

cooking.lalamiamor.net

海ぶどうの塩漬けは本物の海ぶどうとは別物

沖縄出身の友達と沖縄料理店に行った時、つきだしとして出てきたのが「海ぶどう」。食べた瞬間に虜になってしまいました。口の中でプチプチはじける塩味と海草のあじ。 実はワタクシ沖縄料理は大好物なのですが 何せ外食はお金がかかるので度々沖縄料理店で豪遊というわけにもいかず… と思っていたところ、近所のスーパーで沖縄食材特設コーナー設置されていて、海ブドウの塩漬けなるものが販売されていました。

 

f:id:koenjilala:20160224165632j:plain

 

一応、海ぶどうなのですが、生わかめみたいに塩をまぶして加工した状態で売っていました。 それを、水でもどすと、もとのプチプチの海ブドウに戻ると箱に書いてあったのでやってみました。 が、もどし加減が難しい。。 短いと、ぷちぷち感がいまいち。長いと塩気が抜けて味がいまいち。

 

f:id:koenjilala:20160224165043j:plain

出来上がりはこんな感じなのですが、お店で食べたときの感動はありませんでした。 加工品(塩漬け)だから本物ほどおいしくないのかなぁ??と思ったり、それとも初めて食べた時の感動が大きすぎて、いまいちに感じるのかな??と思ったり。

 

私のもどし方が下手だったからうまくできなかったのか、加工してあったから本来のおいしさがでなかったのか、しばらく分からない状態でした。 結局、沖縄出身知人によると「海ぶどう」は沖縄では生で売られているもので、塩漬けなんか見たこともないとのこと。やはり、塩漬けの海ブドウは沖縄では受け入れられていない模様。

 

さらに、海ぶどうが大好きな友達も塩付けを買ってみたことがあるらしく、 「ああ、あれは、おいしくない。無理。もう買わない。」 と、一刀両断でした(笑)その友達はデパートの沖縄物産展で「生」の海ぶどうを仕入れてるらしくて、 それは問題なくおいしいとのこと。 結局、塩漬けはどうやってもおいしくないという結論にたどり着きました。海ぶどうを買うときは「生」のものを買うべしとという教訓を得た経験でした。

失敗しないスプラウトの育て方*スプラウト栽培

 我が家では<strong>スプラウト類</strong>は自家栽培しています。植物を育てるのは「世話が大変。」とか、菜園用に土、プランター、スコップ、その他もろもろをそろえなければいけない、「それなりに広い場所も必要だし、お金もかかるのでは?」と、お考えの方も多いでしょう。

 ですが、我が家でやっているのは<span style="color:#0000ff">「ベランダ菜園」</span>よりも、手のかからない<strong><span style="color:#0000ff">「キッチン菜園」</span></strong>、つまりお台所で簡単に育てられる自家栽培なんです。家にあるもので簡単にできるので、種さえ買ってくれば簡単に育てられます。

 今は、かいわれ大根とブロッコリースプラウトを育てています。夫がカイワレ大根が大好きなので2日に1回ペースで種まきしないと食べるペースに追いつきません(^▽^;)

 一袋198円で、もう10鉢以上育てましたが、種はまだ半分くらい残っているので、20鉢くらいは作れると思います。我が家は近所のホームセンターで種を買いましたが、かいわれとブロッコリーの種しかなかったので、とりあえず、その2種を育てています。


インターネットで種を買ってみようと探していると、赤いスプラウト、サンゴスプラウト、ルビースプラウト、フラミンゴスプラウトなんていうのもあって、それぞれ、若干品種が違うようで全種類を育ててみたくなりました。

 

 私はテレビで予習してからスプラウト栽培を始めたせいか、 運良く一度の失敗もなく栽培を続けることができています。 ですが、もしかしたら栽培に失敗して 原因が分からず困っている方もいらっしゃるかもしれません。 そういった方のために、この記事では 私なりのスプラウトの種の選び方を書いてみようと思います。

 

カイワレ大根完成品

 ↑我が家はニトリのグラタン皿でスプラウトを育てています。ちなみにこの写真はカイワレ大根です。

 

■スプラウト用の種を買う。

たとえば、ブロッコリーのスプラウトを育てたいときは ブロッコリーの写真が載っているようなブロッコリーを育てる用の種ではなく ブロッコリースプラウト用の種を買うようにしています。

 

ブロッコリー株

×こういう種ではなく

 

ブロッコリーS     

○スプラウト用と書いてる種

 

 これは私がスプラウト栽培を始めるきっかけとなったテレビ番でそう言っていたので、 そのとおりにしています。※なぜスプラウト用の種じゃないとダメなの?

 

■1g当たりの単価が安いものを買う。

 我が家の場合は、趣味もかねていますが 節約のためにスプラウトを育てているので お手頃価格のものを探して買うようにしています。

 

発芽率の良い種を買う。

 

 これはスプラウトを育て始めて知った言葉なのですが 発芽率というものがあるようです。 発芽率とは種を100粒まいたうちの、なん粒から芽が出るかということです。 これは、自分で育ててみるかインターネットショップで ユーザーレビューか高い商品を買ってみるしか確かめようがありません。 最初の一回は、はずれ商品を買ってもしょうがないという程度の 軽い気持ちで買ってみるほうがよいかもしれません。 私は近所のホームセンターで買った種でほぼ100%の発芽率なので そのお店でリピート購入しています。

 

 ただ、インターネットで調べたところ、 同じ袋に入っている種でも時間がたってしまうと発芽率が下がるそうなので、 一袋育て終わってから、次の袋を買うようにしたほうがいいのかもしれません。 すくすくと育つ姿を毎日見ていると、なんだか心まで癒されくるので不思議です。 みなさんもお試しになってみてはいかがでしょう? 

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

矢場とん*名古屋駅名鉄店にて

以前、渋谷で変なスペイン人学生と一瞬で仲良くなって、おしゃべりをした話を書きましたが、袖振り合うも多少の縁(そでふりあうもたしょうのえん)ということで、愛知滞在中に旅先で仲良くなった20代の男の子と「矢場とん」でご飯を食べちゃいました。とても、素直な好青年で、結局、私の女友達を紹介することにしたのですが、それはまた別の話として、矢場とん!

 

f:id:koenjilala:20151112193442j:plain

メニューにもしっかり載っているこのぶたさんのキャラクター。

何か名前があるのかしら?

なんと、天井にもどーんと鎮座なさっています。

う、見られてるってかんじで、ちょっと、こわい。

f:id:koenjilala:20151112193654j:plain

 

f:id:koenjilala:20151112193811j:plain

 

 まずは、特製土手煮。とろっとろの豚肉に甘辛い味噌だれの味がとても、染み込んでいて、口に入れると、ホロホロっと崩れるようなくちどけのおいしい一品でした。

 

次に、味噌カツ

f:id:koenjilala:20151112194141j:plain

 どーん。

て、本当に小柄な女の子の靴、一足分くらいのカツが出てきて

思わず「わーー。大きい!!」と声にだして言ってしまったくらいでした。

全部味噌カツだと飽きるだろうからということなんでしょうね。

手前の半分がソースカツになっているバージョンを私は頼みました。

 

矢場とんのとんかつは衣が薄くて、お肉がやわらかくて、

さらにお肉の味がしっかりするんですね。

そこに、麹(こうじ)の甘みがしっかり効いた味噌だれがかけてあるから

とってもおいしいの。

 

ちなみに旅先で知り合った青年は鉄板にとんかつを乗せたものに

ジュワ~っと味噌だれをかけていただくバージョンを注文しました。

f:id:koenjilala:20151112194833j:plain

 青年も、私も「ジュワ~」の時の湯気を写真に収めようと必死(笑)

伝わるかな?このジュワジュワ感。

 

お互いの料理の写真を撮り合って、しばし談笑したのち、じゃー、東京で女の子を紹介してあげるから、またあそぼーねーと、メアドや電話番号を交換して、次の食事会の算段はまるっと、青年に丸投げしたワタクシなのでした(笑)一瞬で、人と仲良くなれるのは、あなたの特技だと、よく言われます。