読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららの楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい

お料理を楽しんだり、グルメを楽しんだりするブログです。

【新宿】高野フルーツパーラー*フルーツバイキング体験談

私はおのぼりさんなので、東京で有名な果物屋さんと言えば千疋屋(せんびきや)くらいしか存じあげなかったのですが、知人が、新宿にある高野という果物屋さんが有名だと教えてくれました。「せっかくだから、高野フルーツパーラーのフルーツバイキングに行きましょうよ。」と、お誘いをいただき、先日、出かけてまいりました。

 

千疋屋でもフルーツバイキングを開催することはあるらしいのですが、月に1回くらいしかないそうです。それにくらべて、タカノはほぼ毎日のようにフルーツバイキングを開催なさっているそうで、知人が予約を入れて待ち時間なしで入ることができました。

 

f:id:koenjilala:20151030152359j:plain

同じビルにはグッチなどの高級服飾店が入っており、ビルそのものも、非常に高級感あふれる佇まいでした。私と知人は高野本店前で待ち合わせの約束をしていたのですが、実は、高野フルーツパーラーには、角の反対側にもう一つ入り口があるんですね。

 

f:id:koenjilala:20151030152631j:plain

こちらがわのこの入口。中でつながってはいるのですが、待ち合わせの際は入り口が2つあるので要注意です。

 

f:id:koenjilala:20151030153303j:plain

さて、こちらのビルの5階に「タカノフルーツパーラー」と「タカノフルーツバー」の両方が入っていて、そちらも入り口がわかりにくいのでよく確かめて着席したほうが良いかもしれません。とはいえ、店員さんが常時、入り口に立っていて、案内をしてくださるので、間違えるということはないと思いますが。

 

フルーツパーラーとフルーツバーの違いは、フルーツバイキングを開催しているは「タカノフルーツパーラー」のほうで、こちらは庶民的で一般的なお食事やフルーツのバイキングを開催していてます。「タカノフルーツバー」では、少しお値段の良い、コース料理や単品料理、単品デザートを頂くことが出来ます。

 

フルーツバイキングと聞いたので、フルーツやフルーツを使ったケーキのバイキングだと思っていたのですが、ちゃんと食事もある程度用意されていて、食事もしっかりいただくことができました。

 

パンが5種類くらいに、パスタ、チャーハン、チキンソテー、その場で巻いてくれるオムレツなど主菜もある程度の種類がおいてあり、サラダバーも海藻サラダやかぼちゃサラダなど、色んな種類のものがあり、お食事のバイキングもある程度は楽しめます。

 

f:id:koenjilala:20151030154046j:plain

 

お惣菜やサラダバーは一般的なバイキングと、そんなに代わり映えしない様子でしたので、フルーツバイキング地帯の写真を撮ってまいりました。こうやって、見返すと、スイカがずいぶん人気ですね。10月後半でしたので、スイカが珍しい季節だったからかもしれません。

 

私の、盛り付けはこんなかんじです。

f:id:koenjilala:20151030154306j:plain

左の奥のほうにあるように、フルーツサンドや海藻サラダ、チキンステーキなどランチメニューも、とても美味しかったです。左側の手前はサラダバーで取ったものですが、意外とごぼうの煮付けがおいしくてびっくりしました。そして、せっかくの果物屋さんのフルーツバイキングですから、右側はしっかり、フルーツを取ってまいりました。

 

f:id:koenjilala:20151030154843j:plain

そして、フルーツのおかわりは、こんなかんじ。真ん中が赤いキウイは初めてみたのでとても新鮮でしたし、お味もとても美味しかったです。またドラゴンフルーツも、なかなか自宅で買って食べるということがないので、沢山いただいてしまいまいした。

 

 

f:id:koenjilala:20151030155110j:plain

他にはコーヒー類や、お茶、ジュースなどのドリンクバーもありますし、プチケーキやフルーツゼリーも色んな種類がありました。

 

f:id:koenjilala:20151030155835j:plain

 さらにフルーツ屋さんだけあって、フルーツのシャーベットもいろんな種類がありましたが、私はお腹を壊してしまいそうでストロベリーのシャーベットだけ、いただきましたが、とても、お味が濃くておいしかったです。

 

90分の時間制限ありで、お値段は2700円です。何回でもおかわり自由です。ですが、お料理を取りに行く際に行列ができていて、なかなか前へススメなかったりするので、一回で、すこし、大目にお料理を取ったほうがよろしいかもしれません。

 

女性がほとんどでしたが、デートでいらしているカップルの方々も数組いらっしゃったので、デートでいらしてもよろしいかもしれません。

 

ただ、私達が行った13時前後で予約のない方たちは30分待ちということでしたので、予約をなさっておいでになったほうがよろしいかもしれません。

 

沢山の美味しいフルーツをいただいたタカノフルーツパ―ラー体験記でした。

【浦和】落ち着いた雰囲気のおしゃれな珈琲店*カフェ・ド・カファ

グルメ*さいたま市浦和区 デートにオススメ

f:id:koenjilala:20151027083907j:plain

浦和のタリーズ珈琲の前あたりにあるカフェ・ド・カフェ。一回の道路に置いてある看板は、あまり目立たないものですが、ヒゲのマスターの絵が入っているところが可愛らしいですね。もう一つの看板は、「珈琲屋です。」と主張している看板で、軽食はトースト程度しか置いていないので、お食事を希望していらっしゃるかたへの配慮だと思います。珈琲店ですので、お食事は置いていらっしゃらないので間違って、ご飯を食べに入らないように要注意です。

 

f:id:koenjilala:20151027084122j:plain

1階に看板があって、お店の入り口は2階なんですね。入り口からしてとても落ち着いた大人の雰囲気のお店であることは分かりますね。

 

f:id:koenjilala:20151027084555j:plain

看板で、「珈琲屋です。」と、宣言している通り、見てのとおり、珈琲メニューばかりです。軽食はトーストくらいで、その日によって違うケーキが数種類たのしめます。

 

f:id:koenjilala:20151027084757j:plain

店内の雰囲気はこんな感じで、シックで落ち着いた内装です。

 

f:id:koenjilala:20151027084828j:plain

私は珈琲とモンブランを注文いたしました。珈琲はネルドリップで入れられた濃厚だけど、マイルドなフレンチブレンド。ケーキは「モンブラン」なのですが、こちらのモンブランは山の形をしたものではなく、ホールで作って、カットしたものを提供するスタイル。生地、クリームとも、しっとりしていて、甘さは控えめですが、クリームの味は濃厚で珈琲の濃厚なお味によくあいます。お値段はケーキセットで950円です。

 

f:id:koenjilala:20151027085156j:plain

食器に詳しい方ならお分かりでしょうが、こちらの食器はロイヤルコペンハーゲンのものです。おうちでは、なかなか高価な食器で珈琲をいただくということは難しいので、高級感のある珈琲店で良い食器で午後のコーヒータイムのひとときをたのしむのも、おつなものですね。

【浦和】SALON DE THE Acacier(サロン・ド・テ・アカシエ)*デートにおすすめの上品なカフェ

グルメ*さいたま市浦和区 デートにオススメ

さて、今回は浦和周辺で有名なフランス菓子系のケーキ屋さんAcacier(アカシエ)直営のカフェであるSALON DE THE Acacier(サロン・ド・テ・アカシエ)をご紹介したいと思います。ケーキ屋さんのほうもとても美味しいので、いずれ、また別にUPしようと思っているのでカフェの内装や雰囲気を味わっていただければと思います。

 

まずは、外観ですがフランスを意識したのでしょうか、ヨーロッパの街角にありそうな雰囲気の外観です。

f:id:koenjilala:20151025194932j:plain

 

扉を開けて、中に入るとロココ調とでもいいましょうか、すこし甘めのアンティークっぽいベンチが置いてあります。

 

f:id:koenjilala:20151025195055j:plain

 

その、脇には、珈琲の麻袋や、ちょっとした小物が置かれていて、細部にわたって雰囲気を出すために、工夫されています。

 

f:id:koenjilala:20151025195158j:plain

 

テーブル席と、カウンター席があるので、距離を詰めたいカップルなどは、カウンター席を選んで座ると良いかもしれませんね。

 

f:id:koenjilala:20151025195401j:plain

 

私たちは、テーブル席に座りました。席につくと、オーダーを取りにきてくれるのですが、私はいつも、プティ・ガトーといって、好きなケーキを選んでオーダーするスタイルをとっています。プティ・ガトーをオーダーすると、店員さんが定番のオススメと、季節のオススメのケーキを、いくつかトレイに乗せて持ってきて下さいます。

 

f:id:koenjilala:20151026155040j:plain

 

こんな感じで、だいたい10数種類のケーキが運ばれてきて、好きなモノを好きなだけ選んでいいんですね。ただ、バイキングではないので、一つ一つのお値段を支払わなければいけないので、そこは認識を間違えないようにいたしましょうね。指をさして、「これをください。」と言えば、あとで、お皿に乗せて持ってきてくださいます。

 

そして、夫が頼んだのは

f:id:koenjilala:20151025200144j:plain

マロングラッセの乗った栗のショートケーキとシトラス系のムースが中に入ったチョコレートムース。

 

アカシエのショートケーキのすばらしいところはスポンジのくちどけなんですね。スポンジがとても軽くて、口当たりがよくて、クリームと一緒に食べると口の中で、ふわっとクリームと一緒にほどけるような口どけなのです。ケーキ屋さんによってはむっちり、もっちりなスポンジケーキなところもあるので、アカシエのすーっとほどけるようなスポンジは割りと、私としてはめずらしいかなと思うのですが、お近くの方は、是非お試しになってみてください。

 

私が注文したのは

f:id:koenjilala:20151025200702j:plain

 ヘーゼルナッツとカシスのミルフィーユです。ヘーゼルナッツのクリームの下にすこしカシスのソースが挟まっているのがお分かりでしょうか。(写真が下手でゴメンナサイ。)こちらは季節限定メニューだそうですので、お召し上がりになりたい方は、お早めにお買い求めになったほうがよろしいかと思います。

 

 アカシエのミルフィーユのすごいところは、パイの層が多いんですね。ですから一枚一枚のパイ生地が薄くて、間に空気の層が多いから、ナイフで切っても、ケーキが分解するっていうことがないんですね。さらに、パイ生地の固さに合わせて、クリームも固めに仕上げてあるので、切っていくと、固さに差がなく、スーっとナイフが入っていくんです。ここまで、完璧に仕上げられたミルフィーユって、なかなかお目にかかれないので、是非、ご堪能いただきたいものです。

 

最後に、女性必見のバラのケーキ。

f:id:koenjilala:20151025201325j:plain

一番上にバラの花びらが一枚、ドーンと乗っています。ローズティーなどをお飲みになったことがおありの方ならご存知でしょうが、あのバラの香りのする、とてもロマンティックなケーキです。丸い土台に小さなシュークリームが三つほどあしらってあって、さらに、ローズの香りのするクリームで盛りつけてあります。

 

お値段的には、お飲み物はエスプレッソが380円、ケーキは平均して600円程度です。ちょっと、特別な日や、特別なデートの時に最適の少し気取ったカフェでございます。

FranFranの食器がよろしいです

f:id:koenjilala:20151013120123j:plain

 

最近、お料理のお皿もきちんとしたものを使いたいと、実際の店舗や、インターネットショップなどを見てまわっているのですが、これ素敵だわって思ったお皿は一枚3000円以上だったりして、やっぱり良いお皿はきちんと作られているからお値段も良いのねーと、買えずにいました。

 

そして、ある時、FranFranにぶらっと、お友達と行ってみると、1000円代で素敵なお皿やお茶碗が並んでいて、私が探していたのはこれくらいシックで、これくらいのお値段のお皿なのよーって、嬉しくなっちゃいました。

 

でも、衝動買いはしないのが私。2回目に一人で行ったときもまだ欲しくて、3回めに夫と行った時にもまだ欲しかったので、三顧の礼ではないけれど、このお皿さんのところに3回も訪ねて、欲しいなーって思ってしまったのだから、ウチに来てくださいよーって、いうことで結局、来ていただきました。(買っちゃった。)

 

焼き物の種類としては「瀬戸焼(せとやき)」という種類で、写真ではとても青く写ってしまったのですが、実際にはエメラルドグリーンのように、透明感があって深いお色です。

 

商品名としては

瀬戸焼(セトヤキ) オーバル皿(オーバルサラ) ガラス青釉(ガラスアオユウ)

で、お値段は

1,400円(税込)

です。

 

電子レンジ・オーブン・直火・食器洗浄機不可です。

 

そう、本物の焼き物は扱いが難しいので、買わずにいたのですが、年齢が多くなってくると生活に楽しみを持たせるくらいしか、楽しみがなくなってくるので、お手入れくらい、何とかするわよと勢いで買ってしまいまいました。以下にお手入れ方法を書いておきますが、こんな面倒なことをしてでも、本物の土の器が欲しかった私なのでした。

 

********************

FranFranさんからの土の器の注意事項

********************

ご使用前に米のとぎ汁で約10分缶煮沸すると汚れがつきにくくなります。また、料理を盛り付ける前に水煮充分浸して水分を含ませると後が残りにくいです。

貫入商品の為、水、お湯などに浸した場合、変色することがありますが、釉薬(ゆうやく)の特徴ですので品質に問題ございません。

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

栄養たっぷり、具だくさん*ららさんちのカレーレシピ

ららさんちのお料理

f:id:koenjilala:20151012143746j:plain

我が家の定番カレーは、具材を細かく切ったキーマカレー風のカレーです。

市販のカレールーも使いますが、お野菜を沢山入れて

栄養価は高く、カロリーは低くおさえています。

 

f:id:koenjilala:20151012151419j:plain

ベースは玉ねぎで、赤パプリカとSBカレー粉でスパイシーに仕上げています。細かいようですが、カットトマトは「カゴメのカットトマト」、野菜ジュースは「充実野菜のオリジナル」じゃないと、おいしく仕上がらないんですよね。

 

カゴメ以外の安いトマト缶なんかだと、お味が薄かったり、実が硬かったり青かったり、実が少なくてトマトジュースばかりが詰まっていたりするの。充実野菜以外の野菜ジュースだと、甘すぎたりすっぱすぎたりしてイマイチ、カレーに合わないの。材料が多くてびっくりしちゃうかな?

 

また、ハウスとS&Bというふうに、違った種類のスパイスが使われているであろう違う会社のカレー粉とカレールゥを使うことで、味に複雑さを出すように考えて、このようなレシピにしています。

 

***材料***

 

玉ねぎ300g

人参200g

まいたけ100g

赤パプリカ100g

※全てきざんでおきます。

 

サラダ油5g

 

牛乳200cc

野菜生活(オリジナル)200cc

水200cc

 

 

豚ひき肉200g

 

【調味料】

塩10g

てんさい糖10g

S&Bカレーパウダー20g

ハウスバーモントカレー(中辛)100g

 

***作り方***

1・玉ねぎをサラダ油で炒める。

2・その他きざんだ野菜を全部鍋に入れて炒める。

3・牛乳、野菜ジュース、水、ひき肉を鍋に入れる。

4・塩、てんさい糖、SBカレー粉を鍋に入れる。

5・火にかけて、3~4分沸騰させてから保温鍋入れます。

6・具材を細かくきざんであるので10分~15分程度で火は入るのですが、我が家の場合は野菜とカレー粉の味が馴染むように、5~6時間保温調理します。

7・そして、最後に市販の固形のカレールーを入れて出来上がり。

 

作ってみるとお分かりになると思いますが、お鍋の半分が野菜で埋もれてしまうくらいにお野菜が入った我が家のカレー。夫も私と暮らし始めてから、お通じが良くなったと喜んでくれています。

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

【浦和】落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ*カフェ・ヴォワール

グルメ*埼玉 デートにオススメ

浦和駅から徒歩5分くらいかな?本の須原屋さんのおとなりに「カフェ・ヴォワール」があります。現在はファミリーマートの二階というのが目印です。

 

f:id:koenjilala:20151009083237j:plain

 

遠目に見ると、少しわかりづらいかもしれませんが、近くまできて看板を見ると、珈琲屋の風情がただよっていますね。

 

f:id:koenjilala:20151009083308j:plain

階段を上り、ドアを開けるとコーヒーの良い匂いがうっすらとふわふわと鼻の奥の方まで入り込んできて、コーヒーを早く飲みたくなってしまいます。

 

カウンターに目をやると、ロイヤルコペンハーゲンのお皿や、ウエッジウッドを中心とした色んな種類のコーヒーカップとソーサーがずらっと並んでいて、お店に来る度に、ちがう種類の高級食器でコーヒーを飲めるのも、このお店の素敵なところです。お店の雰囲気はこんなかんじです。照明の光を落とすことによって、ベッチン張りの椅子とつやつやの床が映えるように細やかな心遣いがしてあり、とても落ち着いた雰囲気です。

 

f:id:koenjilala:20151009084432j:plain

 

私の座ったお席から、コーヒー越しに見るとこんな感じです。この日の禁煙席は空いていて、私一人でしたので、雑誌の「一個人」を満足ゆくまで読みふけってしまいました。

 

f:id:koenjilala:20151009084931j:plain

 

食器に詳しい方ならお分かりでしょうが、今回のカップ&ソーサーは「ウエッジウッド」の「ワイルドベリー」シリーズのものでした。ウエッジウッドの中でもわりと人気もあり、お値段もお手頃の食器です。

 

f:id:koenjilala:20151009085205j:plain

 

私が注文したのはブレンドコーヒーで、アイスコーヒーなどの全て種類のコーヒーを含めて、7種類くらいのラインナップです。ブレンドコーヒーは一杯550円と、きちんとしたコーヒー屋さんとしてはお手頃で、うれしいお値段です。ケーキも含めて一人1000円以内で収まります。ただ、珈琲豆の種類が少ないので、コーヒー豆の種類を楽しむというよりも、食器や雰囲気を楽しむことを目的として行ったほうが、楽しめそうです。

 

今回はケーキは注文しなかったのですが、こちらのお店の手づくりケーキも美味しいです。良い素材を使っていらっしゃり、個人商店ならではの素朴な手づくりケーキという感じが、懐かしさをくすぐる美味しさです。私が好きなのは「モンブラン」で、ラムがしっかり効いた大人向きのモンブランです。

 

お友達とのおしゃべりに行ってもよし、一人で雑誌を読みふけるのもよし。お食事デートの次にデザートタイムとして行ってもよしの使い勝手の良い上品な珈琲店です。

 

お店情報

【住所】 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-8-3 永井ビル3F

【電話番号】 048-834-5581

【営業時間】 平日10:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

      土日祝日11:00~20:00(ラストオーダー 19:30)

【定休日】 無休

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

コーヒー焙煎*欠点豆*発酵豆

コーヒー焙煎

f:id:koenjilala:20150927095148j:plain

 

発酵豆といってもにおいを放つほどひどく腐った豆ではありません。

この、生の珈琲豆「生豆(きまめ)」に混ざっている

若干オレンジ色の豆が発酵豆といって、発酵してしまっている豆です。

 

他の健康な豆と比べて

ちょっとオレンジというか茶色っぽいのがお分かりでしょうか?

この発酵豆は、焙煎した(焦がした)あとには

全く他の健康な豆と見分けがつかなくなってしまう、

やっかいな豆です。

 

焙煎後のハンドピック(手選り選別)では取り除くことができないので

生豆のうちに丁寧なハンドピックで取り除いておくことが大切です。

発酵豆は、えぐみやざつみの大きな原因になり

珈琲豆の品質をひどく落とすので、それを防ぐためにも、

焙煎前のハンドピックを丁寧にやっておく必要があります。

さてさて、みなさんどれが「発酵豆」かお分かりになったでしょうか?

答えはこちらです!

 

f:id:koenjilala:20150927095201j:plain

 

1枚目の写真をもう一度みなおすと、

あきらかに色が違うことがお分かりになるとおもいます。

たくさんの豆の中から、

こういった欠点豆を丁寧に取り除くのは本当に肩のこる、

手間のかかる作業です。

ですが、これをやっていない珈琲豆はおいしくないし、

飲んだら気持ち悪くなるし、私の場合はお腹をこわすことも…

だから、自宅で生豆をハンドピックしてから焙煎しています。 

 

コーヒーを飲むとお腹をこわすとおっしゃる方は

あまり品質の良いコーヒーをお飲みでないのかもしれません。

コーヒーの質はお値段と比例しているわけではありませんから

高いコーヒーを買っても、品質がよくなかったりするので、

良いコーヒーは、自分の舌で選ぶしかないのが実情なのです。

↓  ↓  ↓★執筆の励みになるので、応援ボタンのクリックをおねがいします。
にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ